毎日様々に移りゆく心。少しづつ、日記にしたためていこうと思います。 これからの日々、私と一緒にいかがですか?



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
旬の花時計
プロフィール

なお

Author:なお
ご訪問、有り難うございます(^^♪

雨にも負けず 風にも負けず
心はいつも 太陽!
曇る日も こっそり隠れて日差しを届ける。
さぁさ、あなたにも お届けしましょう!
心が ポッと 温まる。
そんな私のブログ。。。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
JI’s Friends
このブログをリンクに追加する
メール用ひな形
とっても素敵なメール用ひな形です♪ MIDIの音色と共に楽しんでね!!
素材屋さん
キレイな素材が揃っています♪

20071008224127.gif

ブログ内検索
RSSフィード


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

愛すべき子供達

   

 ウンチク王を抱っこして でも テレビが気になるお兄ちゃん

今では貴重な「スリーショット」
どう転んでも このような写真はこの先撮れないでしょう。

三人三様の性格で三通りの育て方をしたのかしら?と母は不安になったりしますが、それなりに人生生きてるので まぁ、いいか…。

長男に言われた言葉…「俺の時とは違う!」
そう、ウンチク王ばかりを「溺愛」している様に思われたのです。
そんな事はないよぉ愛情はい~っぱい、三人に等分して来てるよ…でも、長男は初めての子供で 母親なりに試行錯誤して育てたから 子供にとってみれば「厳しい」だけの母親だと思っていたのでしょう。
ズシリと重い言葉でした。

7つも年が離れていれば、親もその分年をとり 心にも余裕がうまれます。でも 子供にはそれが理解出来なかったんでしょう。
事あるごとに私に反抗していました。

時を経て…七つ違いの兄弟は 相変わらず兄の方が少し背が高く、弟は未だに越えられない「壁」を感じているようです。

ナイスボケ姫の娘。飄々と生きています。二度目の一人暮らしは快適そのもの…らしいです。今回は「マイカー」があるし、全て自分で生計をたてていて苦しい事もあるだろうに グチもこぼさず 「今」を精一杯生きています。

愛すべき君たち…。
子供は親を選べないというけれど…。
私の元へ 生まれてきてくれて ありがとう…。

母も年をとりました。
こんな事で 涙を流すなんてね…。
でも、いつまでも君達に叱られている母でいたいです。利口ぶっても仕方ないもの。愛おしい君達には叱られても 結構平気…いえいえ、かなり痛手を負っていますが…。とうちゃんに叱られると…怒り狂ってますがま、そんなもんでしょう

この先、何年一緒に暮らせるのかな…。

愛すべき子供達。。。。
| comments(4) | - | page top |
携帯からです
今 関越道の渋滞の中で~す?
周りの友人は子供は自分で親を選んで生まれてくるんだよっていう考え方をする人が多くPONPAも影響されましたぁ☆パパとママを選んでくれてアリガトウ・・・そう思うと普段より優しい気持ちになれるのです。
自分が産んであげたのよ・・・と思うよりも素敵だと思いませんかぁ?
お疲れ様☆
う~ん、チョット 気持ちが落ち込んでたから…子供達に対して「懺悔」の意味でカキコしたんだけどね。
もちろん、「選んで」生まれてきたと思っております(^^ゞ
…いかん、いかん、どうも体調がすぐれないと 記事まで暗くなるよ!
一週間が始った。ガンバで行こうv(。-_-。)vブイッ♪
わたしも
 しんぺいちゃんに比べたら、私なんかまだまだなんですが、夢中で子育てしている時をチョッとすぎて、いろいろ考えます。 年子の二人が小さかった時は、トイレに入っただけで 泣かれ・・・お風呂にユックリつかるなんて、夢のまた夢・・・。 どんなふうに育てよう! なんて考えてもみなかったです。
 「あーしてあげればよかった。 こーしてあげればよかつた」 って反省する 今日この頃です。  が、あの頃の事を考えると、頑張ってたなーと思いますよ。 これからも がんばらねば!
そうそう!
子供が小さかった頃は、誰にも誉められずに一人で奮闘してたと思ってた(^_^;) 育児ノイローゼの一歩手前の状態で、でも今の子供達を見ていると、決して無駄ではなかった苦悩だと思えます。
「育児」をしながら「育自」もしてきたのだよね。
ま~だ、母の役目は終わっていないよぉ(^^♪ ガンバ、ガンバ!!!!


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。