毎日様々に移りゆく心。少しづつ、日記にしたためていこうと思います。 これからの日々、私と一緒にいかがですか?



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
旬の花時計
プロフィール

なお

Author:なお
ご訪問、有り難うございます(^^♪

雨にも負けず 風にも負けず
心はいつも 太陽!
曇る日も こっそり隠れて日差しを届ける。
さぁさ、あなたにも お届けしましょう!
心が ポッと 温まる。
そんな私のブログ。。。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
JI’s Friends
このブログをリンクに追加する
メール用ひな形
とっても素敵なメール用ひな形です♪ MIDIの音色と共に楽しんでね!!
素材屋さん
キレイな素材が揃っています♪

20071008224127.gif

ブログ内検索
RSSフィード


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

木枯らし

   
知人のSクンのお父様が亡くなられた。

若い夫婦。
この夏、四人目の女の子が誕生し テンヤワンヤの生活をしている。
そんな中で奥さんのM子ちゃんは闘病中の病院へ洗濯物を取りに行ったりまた新しい着替えを持って行ったりと奮闘していた。
両親共、別々の病院に入院していた為
否応なしにM子ちゃんの肩に負担が掛かっていた。

訃報を知らせてきたM子ちゃんの声は冷静だった。
来月やっと二歳になる三女の●なちゃんが嘔吐しているので
これから病院へ行くの、と。
三か月になる四女のま●ちゃんも最近体調が悪かったのに。。
「何も分からないので近所の方にお任せしてます」
と小さく笑うM子ちゃん。
「時間もまだ決まってないから後で連絡しますね」
寒いから暖かくして行くんだよ、と言うのが精いっぱいだった。

お通夜の18時には間に合わなくて一人、遅れて行った。
ガランとした斎場の駐車場。
受付にM子ちゃんのお母様と長女の●かちゃんが居た。
お世話になりっぱなしで、、と頭を下げるお母様に言葉をかけ
Sクンにお悔やみを述べる。
弔問客も帰った祭壇にご焼香をあげ
お顔を拝見させて貰った。

あ、よかった・・・。
安らかに眠ったように、穏やかな表情のお父様だった。
「頑張ったね」
私の言葉に小さく頷くSクンの目も少し潤みがち。

障害をお持ちのお母様には伝えていないと言う。
言っても分からないだろうと。
葬儀にも出席出来ないと。
親戚縁者の方も来られない。
寂しい閑散とした一室だったけど
それまで参列された方々の温かさが
残っているような空間だった。

亡くなる前日、前々日には不思議と皆がお見舞いに行き
ちゃんとお別れが出来たようでよかった、
とM子ちゃんが話してくれる。
大変な状況でも明るく前向きに果敢に歩いてきた、
そんなM子ちゃんの力強さにいつも敬服していた。

今日の葬儀は昨日にも増して木枯らしが吹き荒れた。
祭壇の向こうのガラス張りの大きな窓に
風に揺れる木々の葉がハラハラと流れて行く。
そんな風景の中で読経が流れる。

別れの哀しみは次に出会えるまでの少しの試練。
生まれ変わっても同じ家族でいられるよね。

晩秋の風景の中、逝く人を送る。
平年よりも早い初雪が 
さぬきの山にも積もった。

夕暮れて、木枯らしが 少し穏やかになったようだ。
夜、子供達が着古したものではあるけれど
これからの季節に欠かせないだろうからと
少し大きいかな?と思いながらも
ベンチコートをSクン宅へ届けた。
ホッとする子供達のはしゃいだ声。
巡りくる日々を両手で抱えきれない程
幸せな笑顔で 包んで欲しい。


| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。