毎日様々に移りゆく心。少しづつ、日記にしたためていこうと思います。 これからの日々、私と一緒にいかがですか?



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
旬の花時計
プロフィール

なお

Author:なお
ご訪問、有り難うございます(^^♪

雨にも負けず 風にも負けず
心はいつも 太陽!
曇る日も こっそり隠れて日差しを届ける。
さぁさ、あなたにも お届けしましょう!
心が ポッと 温まる。
そんな私のブログ。。。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
JI’s Friends
このブログをリンクに追加する
メール用ひな形
とっても素敵なメール用ひな形です♪ MIDIの音色と共に楽しんでね!!
素材屋さん
キレイな素材が揃っています♪

20071008224127.gif

ブログ内検索
RSSフィード


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

登山

   
20051210092616.jpg



四国で二番目に高い山「剣山」に登りました
6、7年前だったと思います。
(画像がイマイチなのでm(。≧Д≦。)mスマーン!!そのうち、デジカメを新調しますので、それまでお許しを~~~!)

11/3。その日は勧めてくれた友達のバースデーで 晴天が多いという統計結果があるというので決定。
「山登り」は大阪に居た頃、何度か職場の人達と経験してますが(高所恐怖症は忘れて…^^;)家族で行くのは初めてでした。

予想通り、朝から晴天で張り切っておにぎりを作り 出発です。
でも…その朝、私の体調は最悪だったんですけどね…。そこは持ち前の気合で乗り切りました。

自宅から徳島県までは割合に近いのです。でも、徳島に入ってからヘアピンカーブ連続の「剣山」までは…険しかった!!!!!
い、一体 このカーブはいつまで続くのぉ~~~…はい、到着まで続きました…。

時々、対向車と ハラハラ、ドキドキのすれ違い。「山登り」の醍醐味だね、と私はノンキに子供と話していましたが、運転するとうちゃんは形相が変わってたけどねカーブの度に「アララララァ~~~」なんて身体を横倒ししながらも結構楽しんで道中を過ごしました。

上の写真は本当は紅葉を撮ってみたんですが、カメラマンさんの腕の良さ???で美しさが伝わらず、残念です

やっと「剣山」の上り口に到着~☆
これから気合を入れ直して「登るゾ~~」…でもその前に少し腹ごしらえを、ということで「阿波の蕎麦」に舌鼓を打つ事になりました。私…蕎麦はあまり…なので味は分かりませんでした(m(_ _;)m ゴメン!!)

さてさて「登り」は途中までリフトを使う事にしました。当時、末っ子は小学生だったので体力の消耗を心配したのです。
リフトは一人乗りなので かぁちゃん、子供の心配ばかりして相変わらず「高所恐怖症」を忘れておりました
リフトを降りれば山頂を隠すように険しい上り坂が続きます。腰痛持ちなんですが、その頃は体力勝負の仕事をしていたので「足」には自信があったのです。それでも「山登り」となると厳しい子供は元気に上って行っても とうちゃん、かぁちゃん…すぐにへこたれて休憩…。これを何度も繰り返して 憧れの頂上制覇って、そうえばれませんが…。
20051217234511.jpg


かなり記憶は飛んでますが、頂上を満喫してグルグルと歩き回っていました。いつもは見上げている山並みを下に見下ろすのは「山登り」の良い所だねぇ、なんて軽口叩きながら。
讃岐山脈なんて低いよねぇ、ってイッチョ前に批評家ぶってましたけどね。画像は山頂から見下ろした山並みです。こういう風に山を撮影できるなんて「高所恐怖症」の私には滅多に経験出来ないことですよぉ!

下りはリフトを使わず、自分の足で下っていきました。山登りは「下り」の方が体力を使いますね。でも、末っ子より小さな子がヨイショヨイショと頑張っているのを見ると 根をあげられません。家族で休憩しながら下山の辛さを乗り越えました。
途中「御神水」が流れる場所に来ましたが皆さん、よくご存知で「ペットボトル」を抱えて並ばれていました。ウチはどうだったのかな?よく覚えていません(>_<) 水筒に入れて持ち帰ったかしら????

やっと下山したのは午後三時頃かな?
まだ見て回りたい所もあったのですが帰りの時間とかを考えると(翌日の仕事とか…)ゆっくりも出来ず、今度はいつ来るか期待出来ないので名残を惜しみつつ「剣山」に別れを告げました。
帰りはまたまた「ヘヤピンカーブ」の連続です。を楽しむのも束の間、疲れから「車酔い」をしてしまいました。私一人…。
そこで「体調が悪かった」事をやっと思い出す、母でした

あれ以来、「剣山」に登る事もなく、姿も見ることもなく過ごしています。でも、最近の寒さ そして家から東南の方角に見える「讃岐山脈」に雪が積もると あの雄大な山に思いを馳せるのです。



| comments(8) | - | page top |
懐かしい登山
家族で登山いいですねぇ~(*^-^*)
ボーロは家族で行った事がありませんが小学校の頃の遠足はバスで遠くに行く遠足と 近くの山への登山遠足がありました~☆低学年の頃は松尾金比羅社・中学年は鋲ヶ岳・高学年と中学の時には標高1800mの僧ヶ岳という山へ行きました。皆で「しんど~い!」「(頂上)まだけぇ?」と言いながら上った事がとても懐かしいです。今思えば山登りは心も体も強く鍛えてくれたと思います。実家の裏の山奥では昔  大理石がジャンジャン取れたそうです。国会議事堂にも使われているそうです。それを作文にした事もあったなぁ~☆ 
富山には「立山」という大きな山もあって登山愛好家の方々には魅力的な所のようです。
東京育ちの主人や子供達は登山にどれだけ耐えられるかが少し不安ですが将来3番目も大きくなったらチャレンジしてみたいです!(え?その頃ボーロは何才?自分が最初にギブアップしそう?!!)
母は強し
「高所恐怖症」のしんぺいちゃんにとって、リフトは恐ろしかったでしょう。 私も雪の無い時リフトに乗ったら ちと、怖かった・・・。 雪があれば全然恐くないんですけどねv-223  山登りではありませんが、昔行った「こんぴらさん」の石段、あれはすごかったですね いったい何段あるんだ?? 今はあれさえ上りきれないかも~~。
立山アルペンルートですね!
西日本は「石鎚山」の1982Mが最高峰ですが、(ちなみに『剣山』は1955M)本州に行くと とんでもなく高い山がそびえ立っていますよね!
毎年、この季節になる前に 立山への道路が雪の壁で囲われるんでしたっけ?違ったかな?小学生の頃から鍛えられていたんですね。うんうん、わかるわ、今の貴女を見ると。。。え?まだ会った事ないって!!!!
お子さん達が大きくなったら是非挑戦して下さい!年は関係ないっすよ!私が保証しま~す!!!
ぼいじゃ~殿!そうなのよぉ!
「高所恐怖症」って子供の前では忘れてしまうものなんだけどね。リフトに乗ってる時はホント自分より子供の事が心配で、落っこちないかってそればっかり心配でしたv-404リフトは何度か乗った事があるけど、決して楽しいものじゃございません!
「こんぴらさん」の石段・・・そりゃぁ、今は・・・カゴに乗っかっていかないと・・・(;`O´)oダメーーー!! ですわ(>_<)
no title
自然が好きだから、山登りとか割と好きですねぇ♪
登山なんて、学生の頃以外は行ってないような…(・・;)
高校の修学旅行で、阿蘇山に登って以来かな…?
子供達と登山というのも無かったような…どちらかと言うと、海に行く方が多かった(^_^;)
なくる♪は~ん
私は大阪在住の頃は「金剛山」だったっけ?その山に登りましたよ!こんな高い山から落っこちたらどうなるのよぉ!ってマジ怖かったです!「ひぇ~~~!」っていうお顔の写真もあるのよ(>_<) お見せする勇気はございませんがね^^; 子供と一緒だとやっぱ海ですね。ウチは里帰りすれば手の届く所に海があったから、もっぱらそれで済ませていたような…ハハハ!
阿蘇山は私も中学の修学旅行で行きました。あの「硫黄」の匂いには参りましたぁ…。でも壮大な自然を満喫してきました。人間って自然には太刀打ち出来ないんじゃないかって、あの山をみて感じました。
11/3は・・・
11月3日は「晴れ」の特異日なんですよね。
でも高所恐怖症なのに、リフトまで乗ってすごいです!
本当に「母は強し」ですね。
山登り・・・全然してませ~ん。。。私が体力が極端にないので子供たちは高い山にハイキングに行ったこともないです・・・
昔住んでたところに近い「高尾山」でも行こうかな?
れいんさん!
「登山」にこだわらず「山歩き」も気持ちいいものですよ!
「高所恐怖症」「腰痛持ち」の私には少々、冒険でしたけどね。自分の目線より下に景色が広がるっていうのは確かに魅力でした。れいんさん、暖かい春になって近くの公園でお弁当広げてっていうのも楽しいですよ。家族で行った思い出は子供の心の中にいつまでも残っているものですよね!


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。