毎日様々に移りゆく心。少しづつ、日記にしたためていこうと思います。 これからの日々、私と一緒にいかがですか?



   
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2017 >>
旬の花時計
プロフィール

なお

Author:なお
ご訪問、有り難うございます(^^♪

雨にも負けず 風にも負けず
心はいつも 太陽!
曇る日も こっそり隠れて日差しを届ける。
さぁさ、あなたにも お届けしましょう!
心が ポッと 温まる。
そんな私のブログ。。。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
JI’s Friends
このブログをリンクに追加する
メール用ひな形
とっても素敵なメール用ひな形です♪ MIDIの音色と共に楽しんでね!!
素材屋さん
キレイな素材が揃っています♪

20071008224127.gif

ブログ内検索
RSSフィード


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

いかり

   
朝のニュース番組。ほんの数分間流れた報道。
また若い命が自らの命を絶ちました。

母親が「学校」での「いじめ」を原因として語っていました。
学校側は「多少のいじめはあったかもしれないが、それが全ての原因ではない。家庭の問題もありうる」という認識を発表していました。

数分間の報道では全てを知る事は出来ませんでしたが、私が憤ったのはその「校長」のにやけた顔です。
人一人の命が失われたのに釈明中に「笑み」がこぼれたこと。
「生徒の死」をそういう態度で受けとめ、TVカメラの前にいる事。

亡くなった彼の物まねをしていた同級生や部活の先輩達。
その物まねを「物まねをしたから『いじめ』と捉えるのはどうか」という主旨の発言。
「人の心」が分からないのだろうか。
笑って済ませる事ならば、彼は「死」を選ばなかった筈です。
彼にとってはその「物まねの対象」を「苦」にしていたから「生きる希望」を見いだせず「死」を選んだのです。
確かに原因は一つではありません。複合的な原因はあるはずです。
でも、その「校長」には人としての「心」を感じる事はできませんでした。

数分間流れた映像に様々な思いがよぎりました。
学校教育が荒れていた十年程前。「いじめ」を苦に何人もの将来ある人達が「自殺」という結果を選んだ当時。
私の長男も「不登校」となりました。
それから十年の時を経ても癒される事のない傷を心に溜めて生きている人間もいるというのに、、、、。

いつだったか「正義を振りかざして」と私を批判した人。
私は「偽善者」ではありません。「正義」とはそれ程簡単に語れるものではないのです。

今日の天気のように「どんより」と暗い雲が覆ってしまった、一日の始まりです。


| comments(4) | - | page top |
私も見てた
出勤前だったので、最後までは見れませんでしたが…。
しんぺいちゃんの記事を読んでいて、本当に怒れるばかりです。
こういう事件って、学校側が「いじめ」を「いじめ」と認識していない事の方が多いですよね。
勝手な判断で「あれは”いじめ”ではありません。」と言わないで欲しいわ。本人の気持ちがどう思ったかによるのに…。

最近、未来ある子供達の命が軽々と他人が奪ってしまう事件ばかりで悲しいです。
小学1年の女の子が殺された事件。小学5年の男の子が行方不明になった事件…。男の子の方は、生きていて欲しいと祈ってます。
なくる♪様
 ほんの数分間の映像では全てを知る事は出来ないけれど、それだけで十分、って事もありますよね。
学校が荒れていた当時も「その人」は教師をしていた訳だし、現場で指揮も取っていた筈。それなのにあの「言い訳」には本当に「怒り」以外感じませんでした。
痛ましい事件が続きます。先日も通り魔殺人がありました。その現場は私もよく走る場所だったし、スーパーにも母を連れて行っていたので、ぞっとしました。「悲惨」の文字は消えてなくなって欲しいです。
チラッと・・・
見ていたアレかなぁ?TVにでて語っておられたお母さんは黒っぽい服で体格が良い方でしたか?スグ子供にチャンネル帰
それ!本当に許せない!!教育者としての考え方がズレていると思いますv-412しかも校長・・・長年そんな軽率な考え方で教育の現場にいたのですね。その「笑み」・・・悲しすぎますね・・・。

ボーロ様
私の叔母一家も教師をしています。数年前に教師を引退した叔父は校長まで勤め上げました。従兄弟も現在は教頭という立場。教育についての話はした事もないけれど、機会があれば教育者としての彼らの意見を聞いてみたいと思います。他人事ではすまされない問題ですから。
「教師」として「失格」の先生が多くなりました。先生自身が不登校になっているという話も聞きましたから。


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。