毎日様々に移りゆく心。少しづつ、日記にしたためていこうと思います。 これからの日々、私と一緒にいかがですか?



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
旬の花時計
プロフィール

なお

Author:なお
ご訪問、有り難うございます(^^♪

雨にも負けず 風にも負けず
心はいつも 太陽!
曇る日も こっそり隠れて日差しを届ける。
さぁさ、あなたにも お届けしましょう!
心が ポッと 温まる。
そんな私のブログ。。。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
JI’s Friends
このブログをリンクに追加する
メール用ひな形
とっても素敵なメール用ひな形です♪ MIDIの音色と共に楽しんでね!!
素材屋さん
キレイな素材が揃っています♪

20071008224127.gif

ブログ内検索
RSSフィード


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

熱血教師

   
今頃、この言葉で形容される教師なんて皆無じゃないか、と思っていましたが、、、居ましたぁ
ウンチク王の学校に約一名
いつもウンチク王が「Mがさぁ」って話していたのです。
Mって、苗字じゃなくて名前の方を学生達は呼んでいるんですよ。
理不尽な理由から退学させられたある生徒の為に、数十人もいる教職員が誰一人反論しなかった職員会議で、雄たけびをあげたツワモノです。

このM教諭、今世間を騒がせている「履修不足」教科の先生です。
幸い、ウンチク王の高校は その騒ぎには巻き込まれていないのですが(この先生がいれば、それは無用な心配ですが)この問題に対しても、大いに怒り、大いに語ってくれたんだそうです。(細かい話は省きますが)

こんな話をしていたそうです。
ある研修会でこの先生がレポートの担当になったそうです。
数ある高校の内、三校がレポート提出をする事になったので、校長に確認しました。
レポートの定義は一人が一つか。三校で一つか。
念の為、教育委員会にも問い合わせをし、一人が一つを受け持つ。という回答でした。
実際、行ってみると三校で一つだったそうで、またまたM教諭、、、当然ですよね。
「こういう所からして、おかしい!!!」
肝心な教育の現場が足並み揃って進んでいないのです。

ため息の出るような事件が続いています。
いじめ問題にしても、二転三転する見解。
その問題すら「臭い物には蓋」の体質。

長男が中学生の頃、いじめを苦に自殺をしてしまったA県のO君。彼から発信された教訓は教育の現場で生かされていなかったのでしょうか。
同じ頃、私の長男もいじめに苦しみ 未だにその心の傷は癒えていません。

その思いは教育現場の教師達、○○長と言う人達には届いていないのでしょう。

『熱血教師』 この言葉が死語にならないよう、これからの教育関係者各位に重々 申し送りたい今日この頃です。

| comments(8) | - | page top |
「熱血教師」に会いたい!
自分の学生時代は「熱血教師」は当然のように存在していました!
そして その「熱血教師」に育てていただいたと感じているんです。
怒鳴られるのは当たり前で長時間正座・竹刀で叩かれ・耳がしばらく聞こえなくなるほどのビンタ・・・・・痛かったよv-408
でも そのお陰で間違ったことを自分はしたんだと しっかり反省することが出来ました。(別にヤンキーだったわけではありませんv-356
そして生徒の中へ授業以外にも関わってくれる頼れる先生・・・
先生全員に求めるのは厳しいと思うけ校内に1人はそういう「熱血教師」いてもらいたい!!!
残念ながら「学級崩壊」という悲しい話を耳にする事もあり まったく耳を疑ってしまいたくなる世の中です。
学校に「熱血~」の存在がムリならば 自分が家庭で熱血母さんになるしかないのかな?!!
思い出残る先生・・・
確かに毎日のようにワイドショーやニュースでいじめで自殺する生徒の話題が多く取り立たされて、現に大切な子供を学校に行かせている私たち親にとっては心が痛みます。

今はもう熱血教師なんてどこにもいないんだろうな~って思っていたら、いたのですね~v-424 私も中学時代に、直接担任だったわけではないのですが、2年生まで美術を教わったO先生は、今でも心に残っています。

私の「エレクトーン講師になる!」と言う夢を応援してくれた先生。先生も音楽が好きな先生だったんです。そして時々山の登って草花をスケッチしたり・・・。先生の書く水彩画は本当に好きでした。幼心にちょっと恋心があったのかも(*・・*)ポッ
進学の事も、担任以上に相談にのってくれた先生でした。今ではそんな先生もきっといなくなってしまったんでしょうね。

由依の小学校でも他の学年で陰湿な嫌がらせが起きているらしく、親としても心配です。例えばハサミで前の子の上着を切ってしまったり、防災頭巾をベランダの排水溝に入れてしまったり・・・。先生には親の声が届いてないようで、近所の由依と同じ学校に通っている子のお母さんも嘆いてます。

辛すぎます・・・
毎日毎日絶えず続く悲しい話・・・昔は教師といえば聖職で親と並ぶほど子供にとっては偉大な大人だったのに、いつの時代からこんな事になってしまったのでしょうね。
私は学生の頃いじめにあったことがありました。女の子のいじめは特徴的に精神的にじりじりと追い詰めるものが多いらしく、私もその類にやられました。単細胞な私は何とか耐え抜いた訳ですが・・・私の住む市の山側の地区では都市からの山村留学生を招き入れ、その結果沢山の小学生の子供たちがやって来ています。理由は様々なのですが圧倒的に多いのが「いじめ」が理由なのです。街の学校でいじめられ耐えられなくなり、親や先生と相談をした上でやってくるのです。その実情はあまりにもひどく悲しいものです。どうしてこうなるのか?と納得がいかなくて私自身気持ちが萎えてしまい堪りません。
祐輔が通う小学校ではまだ「いじめ」の話は聞きませんが、自分の子供が仲間外れにならぬ様に一生懸命に周りに合わせるお母さんたちを沢山見ます。これでいいのかなぁ・・・とつくづく思う私です。
こんばんわ
 少なくなりましたよね熱血教師・・・。
まぁ今の保護者もそう言う状況を作って居るように感じます。
何かあると、文句を言ってくる人も少なくないそうです。
中学の時の担任は女性でしたが、恐かったですが
反発しながらも皆ついていきました。
もちろん、本などでパチ~~ンでも親にも言わないし、言った所で親が出てくる事もなかった。。。
本気で叱ってくれていたって感じでしたよね。
 確かに直ぐに親が出てくるのも今の特徴、勿論体罰が
いいとは思いませんが、子供も何をしても大丈夫みたいな感じも出来ちゃているんでしょうね。
「いじめ」は何処にでもあるとは思います。多かれ少なかれ・・・。大人の世界でもね・・・。
悲しい事に、大人が発端になった事件もあったし、
陰湿ないじめが多い昨今、親も気付かないと言う事も多いでしょうね。それだけに難しい問題ですね。v-12

 
熱血母さんのPONPAさん!
「感情的」に叱る先生には誰もついていかないですよね。心から愛情を持って叱ってくれる先生。何よりも生徒の目線で考えてくれる先生には黙っていても、生徒が付いて来る。そう思いますよ。
またまた夜のニュースを聞きながらくら~い気分になりました。
この現状は仕方ない、自分達はこれでいい。。そんな教育関係者が多いように思います。本当に真実を見極めようとしているのか、疑問符ばかりが並んでしまいます。
ゆみさんの夢への後押しをしてくれた先生!
そんな先生って、いつまでも忘れないですね。多感な時代に素敵な先生に出逢われたゆみさん、きっと その思い出が由依ちゃんへの愛情にもプラスされていますよ!
親の知らない所でいじめを受けているのは酷です。それを伝えられる子供は、SOSが出ているので親も気付くのですが、今は大半が自分の心の中に押し込めてしまっているようです。
これは今の時代の風潮なのか?大人の責任なのか?
いくらSOSを出していても、アンテナがそちらに向いていなければ受けとめる事が出来ません。
由依ちゃんの学校も事態を早く把握出来るようにして欲しいです!大切な未来を託す子供達が傷ついています。
祐輔ママさんも悲しい思いをされましたか・・・
私の娘も実はいじめを受けていました。女の子のいじめは陰湿です。いじめられている子をかばっていて、逆にいじめの標的にされてしまったのです。傷ついた心は容易に癒されないですよね。壊れた時期があったのです。。。親子で悲壮な時を過ごした事は忘れられません。
「山村留学」をしてその現場から逃げてしまっても、その時の辛さは計り知れなく大きな痛手となって残ってしまいます。でも、そうしなければならない子供達が多いのが現状でしょう。
仲間はずれにされないように、、、という親の思いは分かりますが、媚びないでお友達関係を作れないものか とため息が出ますね。本当にこれでいいのかな?

yukieさん、確かに難しい問題です
何だかんだと言って学校へ駆け込む保護者も多いとは聞きます。子供の事を思っての行動でしょうが、本質は見逃さないで欲しいと思いますね。
学校という現場と家庭との線引きは必要だと思います。これを同一視した勘違いが微妙にズレを起こすのだと思うのです。
大人の世界のいじめって、上手に立ち回って気付かない事がありますよね。やんわりといじめて、後で考えると あれっていじめじゃないの?って感じた事があります。
タイトルの「熱血教師」から大幅に問題点がずれちゃいましたがi-230いじめはいじめる側が100%悪いのです。どんな理由も“いじめて良い”言い訳にはならないのです。今現在、いじめを行っている子供達・大人達へ声を大にして伝えたいです。


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。