毎日様々に移りゆく心。少しづつ、日記にしたためていこうと思います。 これからの日々、私と一緒にいかがですか?



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2017 >>
旬の花時計
プロフィール

なお

Author:なお
ご訪問、有り難うございます(^^♪

雨にも負けず 風にも負けず
心はいつも 太陽!
曇る日も こっそり隠れて日差しを届ける。
さぁさ、あなたにも お届けしましょう!
心が ポッと 温まる。
そんな私のブログ。。。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
JI’s Friends
このブログをリンクに追加する
メール用ひな形
とっても素敵なメール用ひな形です♪ MIDIの音色と共に楽しんでね!!
素材屋さん
キレイな素材が揃っています♪

20071008224127.gif

ブログ内検索
RSSフィード


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

避暑地気分のキャンプ その①

   
二度目のキャンプは、またまた山の中でのキャンプでした。この時は大雨で・・・。二泊の予定で行ったのですが、寒さに負けて一泊で退散しました。故に・・・一枚も写真が残っていません。散々なキャンプの思い出です。

その翌年。リベンジに燃える一家は、小豆島を選択。
その年にオープンした「オリベックスうちのみ」という地中海を髣髴させる洒落たコテージに二泊・・・の予定で行きました。(予定は、あくまでも予定です。)

20060729092031.jpg 炊事道具は勿論、各棟にバス・トイレ付き。
ダイニング・テーブル、応接セット(ソファーベッド)に二段ベッドが二つ。
子供達が大喜びなのは、こちらの写真でもお分かりかと~




20060729092600.jpg 「小豆島」と言えば、「二十四の瞳」
あの“岬の分教場”を訪れました。
映画ロケに使われた町並。お店などもそのままで営業しています。
「ラムネ」を久し振りに飲んでみました。
ポンと勢いよく開けて、シュワ~~っと泡が吹き出て。
懐かしい風景と共に、タイムスリップしたような感覚に襲われました。
静かに打ち寄せる波の音。小さな浜辺がすぐ目の前にあります。
「こんなに近いと台風の時、すぐ波を被るよね」
と、呑気に言っていた家族。まさかねぇ。。。



20060729093904.jpg
20060729101119.jpg


20060729230801.jpg
20060729231005.jpg


レトロな雰囲気をかもし出している風景。
今でも一押しの場所です。


20060730002140.jpg コテージのすぐ下は オリーブ公園です。お土産品は勿論、オリーブの手作りコーナーまであって(こちらは予約制だったと思います)ハーブティーもゆっくりと味わう事が出来ました。
少し車を走らせると、スーパーでお買い物も出来るし家にいる時と感覚は変わらない。でも、、、別荘気分でいられるのが主婦としてはカイカ~ンでしたぁ。


| comments(8) | - | page top |
最高の夏休みの思い出ですね!
家族旅行・・・我が家もできるだけずっと行きたいと思っていますぅ!!!
昭和初期にタイムスリップできちゃう場所で
楽しそうe-420
「日本 最初に実ったオーリーブ園」に行ってみたいよ~☆
いい思い出ですね!
小豆島・・・いいですね!
レトロな町並みに、海が近くて・・・
我が家は意外と家族旅行が少ないなぁ・・・
お互いの郷里にかえるのが精一杯で。
でもそれぞれ海と山でいいんですけれどね!
PONPAさん>大変だった・・・事も・・・
実は、この後 パーンチ!! o(*゚ペ)==○))))☆★☆"((/*ω*)o をくらうほどの事態に発展するのですv-217
15年も前の風景だけど、この場所は変わって欲しくないところです。
いつまでも、家族旅行楽しみたいよねv-352
れいんさん>
海、山を眺めているとホッとしますね。
あっ!こちらでも山はいつでも眺められます(-"-;A ...アセアセ 
すご~くお気に入りの場所なんですが、↑PONPAさんのレスにも書きましたが、右往左往する「一家」の姿が展開されるのですぅv-356
はじめまして!
はじめまして、私も「二十四の瞳」に感動したひとりです。

 小豆島へはまだ行ったことがありません~いつか行ってみたい場所ですね~!

 私も拙いブログで「二十四の瞳」について記事にしました~よかったら遊びにいらして下さいね~ではまた!
ルーシーさん、初めまして!
ご訪問、ありがとうございますv-411小豆島v-47素敵な所ですよ!私が訪れたのは十年も前ですが、昭和の時代が そのままの場所って感じでした。是非、行ってみて下さいね!
これから、お邪魔しま~すv-540
どうぞ宜しくお願い致します~!
なおさん、ブログへコメントありがとうございました。

 コメントにありました、
  >最後のシーン、成長して先生の元へ集って皆が語り合うシーンに涙した~

 ええ、思い出すだけで涙腺がゆるみそうですね~この作品はいくつも泣かせるシーンがありますし、ビデオ(DVD)を借りては必ずひとりで観ますよ~(とは言っても、もともと一人暮らしですが・・・笑)

 なおさんは四国の方だそうで、ほのぼのとした日々のブログ記事~素敵ですね~元気と癒しをいただけるサイトだと思います!
今後ともどうぞ宜しくお願い致します~!
ルーシーさん、今後共ヨロシクですぅ!
あの“分教場”に是非、行かれる事をお勧めします!小さな机に椅子、どこからか子供達の純朴な歌声が聞こえてきそうですよ。
小豆島で撮影した写真は、いつ行っても必ず分教場が写ってます(*^^*)ポッ 秋に行かれると、また、涙腺が緩みそうな そんな場所です。
ルーシーさんのブログで「ビートルズ」を久し振りに聴いてみようかな、と思いました。いつまでも褪せる事のない彼らの音楽。中学生の頃から馴染んではいましたが、ず~っと昔の思い出になってましたぁv-12
また、遊びにいきますね!


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。