毎日様々に移りゆく心。少しづつ、日記にしたためていこうと思います。 これからの日々、私と一緒にいかがですか?



   
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2017 >>
旬の花時計
プロフィール

なお

Author:なお
ご訪問、有り難うございます(^^♪

雨にも負けず 風にも負けず
心はいつも 太陽!
曇る日も こっそり隠れて日差しを届ける。
さぁさ、あなたにも お届けしましょう!
心が ポッと 温まる。
そんな私のブログ。。。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
JI’s Friends
このブログをリンクに追加する
メール用ひな形
とっても素敵なメール用ひな形です♪ MIDIの音色と共に楽しんでね!!
素材屋さん
キレイな素材が揃っています♪

20071008224127.gif

ブログ内検索
RSSフィード


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

母の老い

   
昨日は母の「内科受診日」でした。・・・長かったぁ・・・。病院の硬いソファーでコックリ、コックリをするのはいつもの事だけど二時間半も座りっぱなしはチト、酷じゃありません?
って、文句言っても仕方ないですけど。

清算を済ませて車に乗ると、もうお昼をとっくに過ぎています。貴重なお休みを頂いているんで、ランチだけでも豪華におごって貰わなくっちゃと張り切って「とんかつ屋」さんへ行きました。
(本当は、もっと美味しいお店に行くつもりでしたがお休みでしたぁ

オーダーして待っている間、外の景色をボーっと二人で眺めたり、お客さんの入り具合を見たり、何気に母の様子を伺ったりして・・・。
(あぁ、年を取ったなぁ・・・)
と感じました。
母の節くれだった指。ジッとしてられない性分なので、知り合いの庭や畑の手入れまでしている母の手は、日焼けで真っ黒でした。

鏡の前で、お風呂上がりに手入れを怠らなかった肌は 時を重ね、シワの数も増えて どこか頼りなげに見えます。
(この後、何年 一緒にこうやってご飯が食べられるのだろう)
もっと優しくしてあげなくちゃいけないや・・・。と思う反面、いやいや ま~だ、十分元気!『憎まれっ子、世にはばかる』って言うしと思い直したり。

食事を済ませると、調剤薬局へお薬を受け取りに行きました。
病院から頂いた処方箋をしっかり手に持ち、
「えぇっと、これを出すんやね」
ふんふんと自分で確認しながら受付へ出します。
「それと、今度の受診の時の予約表は、と ここに入れてぇ」
自分に言い聞かせるように呟く母の横顔を見ながら、また娘は複雑です。

昔、堂々とした体格で肩で風を切るようにして歩いた母の面影は どこにも垣間見る事が出来ませんでした。
度重なる入院・通院でこの数年、すっかり体力が弱まり背中も丸くなりました。
シャカシャカと私に負けじと歩く姿は以前のままでも、どこか無理をしているようです。
もっと、頼っていいんだけどねぇ・・・。
実の母娘ではないと言っても、血縁関係にある母娘。昔から母には反発を繰り返して、でも実の母以上に信頼関係を持ってきたつもりです。
何となく他人行儀になって、お互いに甘えられない妙な時期も乗り越えては来たけれど。。。

老いを隠し切れなくなった母。
自分の近い将来への思い。自分の娘もこうやって、母の老いを見つめる時が来るのでしょう。

昨日は娘の23回目のバースデー。
ケイタイへ「おめでとう」のメッセージ送ったんだけど、返信ないや・・・。妙な所で母の老いと自分の老い、そして娘の将来。考えてしまった私。。。





| comments(15) | - | page top |
今日はお疲れ様でした。読みながらいろいろと考えました。老いるということを。
私にはもう母はいません。母の日や敬老の日になると、「母はもういないのだ」とそれはさびしいです。
お母さんとの日々を大切になさってくださいね。
母・娘
 私が23歳の頃は、家を飛び出して行方不明状態でした。 自立とか、しっかりした考えがあったわけではなく・・・ただ、ただ、 自由にしたい、好き勝手したい・・・そんな感じでした。 今思うと本当に親不孝でした。 正月も家に帰らなかった。あの数年間を思うと 悔やんでも・・悔やんでも・・。
 母はおかげさまで元気にしています。
75才になった今でも、46才の娘のこと あれこれ心配してますねぇ。 私は自分のことと、子供のことで精一杯で、また゜まだ親孝行できません・・・それっていいわけだな! まだまだ、甘えてるんですね。
母親2人…
私は、実母と義母(ダーの親)の面倒を見ています。
父親は2人とも亡くなり、母だけの状態。

実母は、福祉施設に入れてます。
同居できないし、姉が居るけど母の面倒を見たくないらしく…絶縁状態なんです。
まぁ、実家の母にはかなり苦労をさせられました。(借金を重ね首が回らなくなった…ε-(ーдー)ハァ)
借金を作らせないために、福祉施設に入たんです。
時折は様子を見に行ってます。
義母とは同居。去年に義父を亡くしてから、義母は年老いてしまいました。まだ、70手前なんですがね。
生き甲斐を失うと年を取るのが早くなるようですね。
私が義母の年になる頃、どんな風になってるのかな?
JIが生きている限り元気でいると思いますが…(笑)
レス遅れちゃって、ゴメンなさい
昨日、頑張りすぎて ヘロヘロでしたぁ^^;
また、ゆっくり レス入れますm(*T▽T*)m オ、オユルシヲ・・・
sakkoさん>
sakkoさんはお母様を亡くされていたのですね。私は「実母・養母」共に病院通いをしながらも、元気に過ごしています。実父は来年の一月、七回忌を迎えます。一緒に暮らした記憶のない父ですが、今でも「幽霊でもいいから、来てくれないかな・・・」と思っています。チョット、無理ですけど(^_^;) 娘らしい事をして来なかったので、せめて母達には親孝行をe-398と思ってます・・・。会えば、小言の鬼になる娘ですが・・・。
ぼいじゃーさん>
いくつになっても親は娘(子供達)の事を心配してますね。「娘」だけでいた頃は、親の気持ちなんて考えた事がなかった私ですが、今はこれからの事が気がかりですね。「親不孝」私も、たっくさんしてきました。最大の心配ごとは「結婚」だったと思います。飛び出しちゃったから~i-229今でも、もちろん!心配かけてますわ(>_<) 「別れる~!」なんて、ほざく?娘に手を焼いて・・・。なんて、自分勝手だv-217って思ってるでしょうv-41
m(。≧Д≦。)mスマーン!!きっと、親孝行するよv-435

なくる♪はん>
お母様のお世話もされていると、大変ですね。私の義母は二年前に亡くなり、今は母一人の面倒を見ているだけなので 少しは気持ちも楽になりました。ヒドイ時は三人の病人を抱え、三つの病院を行ったり来たりしてた時期もあったので。
私たちも「生きがい」を大事にして、親孝行して、親に感謝の気持ちを伝えたいです!
我が家は・・・
こんにちは~!

私の両親も主人の両親も健在なのですが、私の父が3年前に大病し、生きるか死ぬかというところまでいってしまったのですが、おかげさまで生還しました。

主治医から「覚悟してください」って言われた時のこと、父がICUにいた時のこと、今でも忘れません。私と父はそんなに会話らしい会話もない父娘だったのですが、その時は「もっと話しておけば良かった」と悔やみました。

今は畑仕事や友人たちとゴルフしたり、PCを始めたのでメールしたりして父も母も楽しくやってます。もうすぐ父の日。「いつもありがとう。。。」と心の中で言いますっ(汗)

ブログのアドを貼りました!今後ともよろしくお願いします♪
私はもう母とは高校生の時に死別してしまったので、成人式も結婚式も、孫の顔も見せてあげられませんでした。
時々、母が生きていたら、どんな風になっていたかなぁとふと思うことがあります。
今は夫の両親と、父と再婚した義母にささやかでも親孝行できたらいいなぁと思っていますが・・・まだまだダメな娘です。。
ゆみさん>
新しいブログの誕生、オメデト♪(*⌒ー⌒)o∠★:゚*PAN! ・・・ところで、コメントを入れるスペースは??

ゆみさんのお父様も大病を患われたのね。でも、強靭な生命力でご生還!すごいです!
私の妹も「30~40%」の死亡率、とまで言われた大病を克服してきました。妹の場合は40代だったので、その分体力もあったのでしょうけど ゆみさんのお父様は、まだまだこれからの人生を謳歌する為に生還されたんですよぉ!PCを始められたなんて、凄いじゃないですかぁv-91益々のご長寿目指して、\(*⌒0⌒)bがんばっ♪
れいんさん>
あ、ニアミスでしたぁ!
れいんさん、お母様を亡くされていたのですか?「母親」を一番頼りにしたい時のお別れだったんですね・・・。「花嫁姿」待ち望んでいたでしょう。お母様にとっても心残りだったでしょう。でも、今のれいんさんがお幸せで居る事が 何よりのご供養ですよね!
それに、目に見える親孝行よりも「心」が大切だと思いますよ。・・・偉そうな事言えないけど・・・(-"-;A ...アセアセ 私は表現が下手なので、母にはクールに見えてるみたいで・・・。感謝の気持ちを素直に出せたらいいのにね(^^ゞ
反面教師
私の母は、一番良い時代を戦争で苦しんだ世代84歳です。
実家の兄嫁が亡くなり、身の回りが大変になったので私と同居しています。
嫁しては夫に従い、老いては子に従い・・・を幸せと思って生きてきた世代、そう教えられた世代です。
老後の計画・・・母の老後を反面教師として、自分で計画しなくっちゃ・・と、思っているところです。
老後計画の仲間との合い言葉は、”ターシャのように”です。
うらべにさん>
ありがとうございます。「ターシャさん」の事は存じていませんでした。早速、検索して記事を読みました。八十五才で 森の中での生活を楽しまれているのですね。そして、豊かな感性で描かれた「八匹のコーギー」心がじんわりと揺れました。私もこれから、ターシャさんを目指して・・・いえ、森の生活は出来ませんが^_^; 「人としての生活を穏やかに過ごす」と書評がありますが、欲張らず、自然体でこれからの生き方を模索して行こうと思います。
時々顔をみに行くだけ。。
私の母も今年秋で84歳に。
会いに行くと、 いつも「待ってたよ。。」と全身で表明します(笑)
でも 自分の暮らしに追われていると ついつい間遠になってしまいます
それがわかっていても、よいしょ!と腰を上げる事が出来ない自分に、ジレンマを感じています
実は今日もそうなの。。。
取り立てて何もない状態だからかな。。

ターシャさんのようになるには、まず体力ですね~。
私に一番欠けている部分で耳が痛いv-258
たまえさん>
偶然、昨日は知り合いの80才代の方お二人とお出かけする機会があったのです。お一人は「認知症」が少し出ておられて、お一人はシャキシャキされた方。(亡くなった義母と同い年でした。)どちらもご家族とお暮らしですけど、一人になる時が多いらしくてお話を伺ってると、考えさせられる事が多いです。
母の家とは車で30分程なんですが、お休みの日にわざわざ(←この気持ちがあるからいけないんですよね・・・)出かけるって言うのが少し億劫です。やっぱ、私も体力ですよね^_^; 年々、動きが鈍くなります。
さぁ、ターシャさん、目指してv-91体力つくりをしますかぁv-29


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。