毎日様々に移りゆく心。少しづつ、日記にしたためていこうと思います。 これからの日々、私と一緒にいかがですか?



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
旬の花時計
プロフィール

なお

Author:なお
ご訪問、有り難うございます(^^♪

雨にも負けず 風にも負けず
心はいつも 太陽!
曇る日も こっそり隠れて日差しを届ける。
さぁさ、あなたにも お届けしましょう!
心が ポッと 温まる。
そんな私のブログ。。。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
JI’s Friends
このブログをリンクに追加する
メール用ひな形
とっても素敵なメール用ひな形です♪ MIDIの音色と共に楽しんでね!!
素材屋さん
キレイな素材が揃っています♪

20071008224127.gif

ブログ内検索
RSSフィード


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

愛読書④

   
高校時代、はまっていたのは…。
レモンちゃんこと、「落合恵子さん」の「スプーン一杯の幸せ」でした。
ご本人のレコードも(CDではないのが悲しい…)しっかり持っていました。
♪涙に濡れたその顔を あげ~てごらんなさい…
と始ります。(実は『に』だったか、『で』だったか…定かではないです…きっと『に』です…)


多感な少女はまだ見ぬ大人の恋の世界に憧れ、「スプーン一杯」のささやかな「愛」が欲しかったものです。
私はヨーロッパの古城の風景が好きで、中学生の頃は学校の図書室で飽きもせず、その写真集を眺めていたものです。
彼女の物語には そういった風景画がぴったりとはまっていて、まだ見ぬその情景を頬杖ついて空想していたものです。


コートダジュール…。
けだるい午後のひとときを地中海を眺めながら過ごす…。
そんな大人の世界に引きずり込まれるように、17才の女の子はまだ見ぬ永遠の人を想い描いていました。
…現実は甘くない…今ではそう思いますが…。


フランソワーズ・サガンの小説にに出会ったのもその頃です。
私にはあまりにも大人びた小説でしたが、のめり込むようにして読みふけっていた頃を思い出します。


まぁ、人生なんて分からないないやねぇ…。
あの多感で、繊細な少女が今じゃ、こんなおばさんになっちゃって、ブログなんてやっちゃってるんだからぁ…。



読む事から最近は遠ざかっています。
新聞を読むのもやっとだから…(/ω\) ハジカシー…
脳の活性化のために、何か読まなくっちゃね。

| comments(0) | - | page top |


<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。